ハイドロキノンの美白作用は本当なのか

ハイドロキノンの美白作用は本当なのか

ハイドロキノンと聞けば美白力が強いと思われるかもしれない。でもハイドロキノンが配合されている化粧品だと、そんなに美白力強くないなと思われる女性も多いのでは無いでしょうか。

 

なぜなら、美白化粧品になると、ハイドロキノン以外の成分も含まれているために、作用がかぶってしまったり、消しあったりする場合もあるのが実際のところなんですよね。

 

ただ、美白化粧品の全てが悪いと言っている訳ではありませんので、そのあたりは勘違いしないでくださいね。

 

ハイドロキノン配合の美白化粧品で一番効果的なのは、ビーグレン。理由はビーグレン独自の浸透力がハイドロキノンの弱点を補っているから。

 

ハイドロキノンは元々、浸透力が弱いことで有名です。真皮まで届けば、シミの元であるメラニン色素やチロシナーゼまで漂白してくれるのですが、浸透力が弱いためになかなか届きません。

 

その為に、ハイドロキノンの効果が半減してしまう場合が多いのです。

 

ハイドロキノンを浸透させるには、トレチノインと併用するか、もしくは独自の浸透力を持つビーグレンを使う以外に方法がないのです。

 

基礎化粧品でハイドロキノンを使用したいのであれば間違いなくオススメはビーグレンですが、美白治療でしっかりとした結果、シミ消しや乳首の黒ずみ解消をしたいのであれば、トレチノインハイドロキノン療法がオススメ。

 

どちらも使用方法が違うために、あなたにあった方法を考えてから選択するべきですね。

関連ページ

トレチノインとハイドロキノン
トレチノイン治療薬を使用する場合、用途によってはハイドロキノンと併用するほうが効果的である場合があります。
トレチノインとハイドロキノンで黒ずみ解消
トレチノインとハイドロキノンを併用すると毛穴の黒ずみやニキビ、ニキビ跡なども改善しますが女性なら誰もが気になる乳首の黒ずみも解消します。
トレチノインハイドロキノン療法について
美容クリニックや美容皮膚科でシミ、そばかす、乳首の黒ずみなど治療してもらいに行くと、必ず推奨されるのが「トレチノインハイドロキノン療法」という美白治療法です。
トレチノインハイドロキノン治療法は美白治療で効果あり
ハイドロキノンという成分は化粧品に入っているから知ってたけど、ハイドロキノンと併用するといい成分までは知らなかった。
ハイドロキノンのちょうどいい濃度って、どのくらい?
ハイドロキノンという美白成分は、高濃度になるとちょっと怖い副作用があるらしく、ハイドロキノン濃度が高すぎると副作用で白斑になる場合もあるというから、怖いですね。